メニュー

梅肉エキス

梅肉エキス

セール価格:2,700円(税込)

購入数

自社農園で収穫した梅の果汁を煮詰めて作る昔ながらの梅肉エキス。
昔から、この地域で作られる製法で作りました。
(鍋一杯の梅汁が、鍋底ほんの少しに。ざっと1/20位まで目減りするまで煮詰めます)

●農家さんの手塩にかけた梅を使用しておりますので、数量限定の販売となります。

【お客様の声】
○昔自分で作っていたんですけど、作らなくなったので・・・ 自分で作ったものと同じ味がします。(新潟県)
○「これ実際作ると大変なのよね」、高いのはよく分かる。(新潟県)
○小さい頃、お腹が痛い時これ舐めてたのよね。私達の小さい頃は、これしかなかった。 (新潟県)
○今まで、通販で梅肉エキス買っていたけど、俺この梅肉エキスの方が好きだ(新潟県)
○水っぽくなく、垂れて来ない!以前、「自分で作った梅肉エキスはこれだ!!」と思いました。(新潟県)
○「ちゃんと梅の味がする。美味しい!」(新潟県)
○「一日一舐めしてますよ!」もう日課ですね。(新潟県)
○旅行の時便利です。海外は特に食あたりが怖いから。(東京都)
○実際食べると濃厚ですね!(千葉県)
○少し食あたりが続いているので、これ食べて様子見ます。(新潟県)
○一舐めがこれっぽちで良いのにびっくりしてます。(東京都)

【名称】
梅肉エキス

【原材料名】


【原料原産地】
新潟県産

【内容量】
48g

【賞味期限】
1年

【保存方法】
直射日光を避け、冷暗所にて保管

【クエン酸含有量】
クエン酸:37.1g/100g

【保管について】
保管状態が良ければ何年でも日持ちします。
無添加なので、ひとまず賞味期限は、1年間と設定させていただいております。

【商品特長】
・地元の梅を使用しています。
・原材料は梅だけ。
・小さい鍋で弱火で作ります。

【昔ながら】
製法をまじえご説明すると今から30数年前、私達の住む新潟県のこの地区には、お医者さんが少なく、いくつかの集落を一人のお医者さんが診るという田舎町。
「梅で難を逃れる」という考えが根強く、お腹が痛いときは「梅肉エキス」を舐めていました。
だから一家に一つあることは、めずらしくなかった。我が家でも毎年自宅でつくられ、重宝されてきました。
弱火で何時間も煮詰める為、よく焦がしたといっていた「ばあちゃんの話」を思い出します。